弁護士費用特約

弁護士を使ったけれども、使わなかったときに獲得できた賠償金と比べて、その差額が弁護士費用より小さかったら(費用倒れ)、何のための弁護士だったんだ?という思いになるのが普通でしょう。お金以外にも、弁護士を使う利点はいくつもありますが、お金についても弁護士を使ってよかったと、思いたいところです。

費用保険会社のテレビコマーシャルでも出てくるワードですから、弁護士費用特約というワードには、聞き覚えがあると思います。これは任意保険に、オプションとして追加可能な契約で、生じてしまう弁護士費用を、保険会社が支払ってくれるものです。弁護士に相談するときや、弁護士に加害者への損害賠償請求させるときに有効です。弁護士費用は一般的に、高額なものとイメージされていますが、そのとおりです。

人身事故問題解決を弁護士に任せた場合の費用を、何かで確認していただければそう思われる方が、ほとんどだと思います。その高額費用を、相談費用なら10万円くらいまで、弁護士費用なら300万円まで、自動車保険で弁護士費用特約を追加契約しているなら、補うことができるのです。“補うことができる”としましたのは、100パーセントは難しいということであって、それでも8割方は負担してくれます。